Android アプリ開発 「MATRIX」

Androidアプリの開発に役立つサンプル集

リチウムイオン電池の正しい使い方のまとめ

簡単にですがリチウムイオン電池の正しい使い方をまとめてみました。

 

「充電回数が増えるほど性能が低下する」

リチウムイオン電池は充電を繰り返すほど性能が低下します。およそ300回の充電で新品状態の70%~80%、500回の充電で新品状態の50%~70%まで充電できる容量が低下してしまいます。ただしこれは、「使い切る ⇒ 満タン充電」を繰り返した時の性能低下率になるので、ある程度残った状態からの「継ぎ足し充電」が多くなれば性能の低下率は緩やかになってきます。

  • 300回充電すると性能は70%~80%に低下
  • 500回充電すると性能は50%~70%に低下

 

「寿命を縮めないようにするには」

リチウムイオン電池に良くないのは「充電のし過ぎ」と「放電のし過ぎ」、そして「高温状態」です。充電が完了してもいつまでも充電器につなげっ放しにしたり、0%になるまで使い切ったり、暖房器具の近くや夏の閉め切った車の中に放置したり、直射日光に当てたりするのは電池の寿命を縮めるので極力控えましょう。

  • 充電し続けない
  • 放電し過ぎない
  • 高温状態にしない

 

リチウムイオン電池を長期間保管する方法」

リチウムイオン電池を長期間保管(半年以上)する場合は、満充電よりも「30%程度」まで充電量を減らしてから保管するのが最も良いといわれています。

  • 長期間保管は充電量を30%程度に減らしてから

 

いろいろと注意が必要みたいですね。

 

 f:id:vw-dsg:20160613091307j:plain

 

END