Android アプリ開発 「MATRIX」

Androidアプリの開発に役立つサンプル集

複数ウィジェットのマニフェストファイルのサンプル

通常アプリのマニフェストファイルと、ウィジェットマニフェストファイルは中身が若干ですが違っています。Android Studioのプロジェクト作成機能を利用すれば自動で生成されます。

 

ウィジェットマニフェストファイル基本

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
package="com.example.sample.test">

<application
android:allowBackup="true"
android:icon="@mipmap/ic_launcher"
android:label="@string/app_name"
android:supportsRtl="true"
android:theme="@style/AppTheme">

<receiver android:name=".sample_widget"> //ウィジェットの場合レシーバーの設定が必要になる
<intent-filter>
<action android:name="android.appwidget.action.APPWIDGET_UPDATE" />
</intent-filter>

<meta-data
android:name="android.appwidget.provider"
android:resource="@xml/widget_info" />
</receiver>

</application>
</manifest>

 

複数のウィジェットをもつアプリの場合は、ウィジェットの数だけレシーバーを追加します。※マニフェストファイルは以下のようになります。

 

<複数ウィジェットマニフェストファイル>

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
package="com.example.sample.test">

<application
android:allowBackup="true"
android:icon="@mipmap/ic_launcher"
android:label="@string/app_name"
android:supportsRtl="true"
android:theme="@style/AppTheme">

//ウィジェット
<receiver android:name=".sample_widget1">
<intent-filter>
<action android:name="android.appwidget.action.APPWIDGET_UPDATE" />
</intent-filter>

<meta-data
android:name="android.appwidget.provider"
android:resource="@xml/mb_info1" />
</receiver>

//ウィジェット
<receiver android:name=".sample_widget2">
<intent-filter>
<action android:name="android.appwidget.action.APPWIDGET_UPDATE" />
</intent-filter>

<meta-data
android:name="android.appwidget.provider"
android:resource="@xml/mb_info2" />
</receiver>

</application>
</manifest>

 

END