Android アプリ開発 「MATRIX」

Androidアプリの開発に役立つサンプル集



タイマー関数を使ってカウントアップアプリを作ってみよう

タイマー関数を使ってカウントアップアプリを作ってみました。

難しいところはありませんが、タイマータスクから直接メインUIスレッドにあるオブジェクト(TextView や Button)にはアクセスできないので、Handler を使って間接的にアクセスするようにします。

※Handler というのは、メインUIスレッドに情報を送るベルトコンベヤーみたいなもので、命令を送ればそれを順番に実行してくれる便利なものです。

<サンプルコード> MainActivity.java 

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;
import java.util.Timer;
import java.util.TimerTask;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

private Button button1; //ボタンのインスタンス
private TextView textView1; //テキストビューのインスタンス
private Timer timer1; //タイマーのインスタンス
private TimerTask timerTask1; //タイマータスクのインスタンス
private int count; //カウント用変数

//メインスレッドにアクセスするためのハンドラーを生成
private android.os.Handler handler1 = new android.os.Handler();

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);

//button1にレイアウトファイルのボタンを割り当てる
button1 = (Button)findViewById(R.id.button);
//textView1にレイアウトファイルのテキストビューを割り当てる
textView1 = (TextView)findViewById(R.id.textview);

//button1にクリックイベントのリスナーをセットしてクリック時の動作も設定する
button1.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
@Override
public void onClick(View v) {

//timer1が動いている時
if(timer1 != null){
//タイマーを停止
timer1.cancel();
//タイマーを破棄
timer1 = null;
} else { //timer1が停止していた時
//新しいタイマーを生成
timer1 = new Timer();
//タイマー作動時の動作を新規に登録
timerTask1 = new Task1();
//1秒後に1秒おきにtimerTask1の処理を実行するタイマーを起動
timer1.schedule(timerTask1, 1000, 1000);
}
}
});
}

//ここでタイマー作動時の動作をプログラムしている
public class Task1 extends TimerTask{
@Override
public void run() {
//メインスレッドに情報を送る
handler1.post(new Runnable() {
@Override
public void run() {
//タイマー作動時の実際の動作(カウントアップ)
count += 1;
//テキストビューに現在のカウント値を表示する
textView1.setText(String.valueOf(count));
}
});
}
}
}

activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent"
tools:context="com.example.android.mysample.MainActivity">

<TextView
android:id="@+id/textview"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="0"
android:textSize="150sp"
app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
app:layout_constraintHorizontal_bias="0.501"
app:layout_constraintTop_toTopOf="parent"
android:layout_marginTop="8dp"
android:layout_marginBottom="8dp"
app:layout_constraintBottom_toTopOf="@+id/button" />

<Button
android:id="@+id/button"
android:layout_width="368dp"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_marginBottom="8dp"
android:layout_marginLeft="8dp"
android:height="100dp"
android:text="スタート/ストップ"
android:textSize="30sp"
app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

AndroidManifest.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
package="com.example.android.mysample">

<application
android:allowBackup="true"
android:icon="@mipmap/ic_launcher"
android:label="@string/app_name"
android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
android:supportsRtl="true"
android:theme="@style/AppTheme">
<activity android:name=".MainActivity">
<intent-filter>
<action android:name="android.intent.action.MAIN" />

<category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
</intent-filter>
</activity>
</application>

</manifest>

<結果>

「スタート/ストップ」ボタンを押すと1秒おきにカウントアップを始め、もう一度「スタート/ストップ」ボタンを押すとカウントアップが停止します。

これをもとにすれば、簡単なタイマーやストップウォッチが作れると思います。

f:id:vw-dsg:20170529203436p:plain

 

END