Android アプリ開発 「MATRIX」

Androidアプリの開発に役立つサンプル集



Android Studio 3.1.3 でデザインのレイアウトが編集できない場合の対処方法

デザインのレイアウトが編集できない

いつものように新規にプロジェクトを作成したにもかかわらず、ある日突然デザインがまったく表示されなくなりレイアウトの編集ができなくなる場合があります。

f:id:vw-dsg:20180715072418p:plain

よく見ると、デザインエリアの右上にある「!」のエラーアイコンが赤く点灯しています。さっそくクリックしてみましょう。

f:id:vw-dsg:20180715073054p:plain

赤い「!」マークをクリックするとエラーの内容が下部に表示されました。翻訳してみるとレンダリングに関係するエラーだというのはわかりましたが、内容が漠然としていていまひとつ理解できません。

対処方法(手順)

f:id:vw-dsg:20180715073714p:plain

以前にも同じようなトラブルがあったのを思い出して、まだコードネームが付けられていない SDKプラットフォーム「Android API 28」のチェックを外してアンインストールしてみます。

f:id:vw-dsg:20180715074741p:plain

Android SDK Platform 28」を削除しますか?と聞かれるので「OK」をクリック。

f:id:vw-dsg:20180715074932p:plain

Android SDK Platform 28」のアンインストールが開始されます。

f:id:vw-dsg:20180715075002p:plain

Android SDK Platform 28」のアンインストールが完了したら「Finish」をクリックして画面を閉じます。

f:id:vw-dsg:20180715075101p:plain

Android SDK Platform 28」をアンインストールした後に、さっそく新規にプロジェクトを作成してみると、今度は正しくデザインのレイアウトが表示され編集も可能になりました。やっぱり原因は「Android SDK Platform 28」にあったようです。

備考・まとめ

今回の、デザインレイアウトが表示されなくなって編集も不可能になるというトラブルは、まだコードネームが付けられていない最新の「SDK Platform」(今回は Android SDK Platform 28)を含めて開発しようとして起きてしまったようです。

最新の SDKプラットフォームは、Android Studio のアップデートを経由してインストールされる可能性があるので、もしアップデート後に今回と似たようなトラブルが起きた場合は「SDKマネージャー」からコードネームのないプラットフォームがインストールされていないかを一度チェックしてみて下さい。

END