Android アプリ開発「MATRIX」

Androidアプリの開発に役立つサンプル集


アクティビティを持たないウィジェットを実行(インストール)できるようにする設定手順

アクティビティを持たないウィジェット

アクティビティを持たないウィジェットは、そのままでは実行やインストールができませんので、実行時の設定を変更する必要があります。

~ 実行設定の変更手順 ~

1.まず、Android Studio の「実行」ボタンの左にある「app」と表示されたボタンをクリックします。「app」ボタンには赤い「×」マークが付いています。

アプリの実行設定の変更手順1

2.ボタンの下にメニューが表示されるので、その中から「Edit Configurations…」という項目をクリックします。

アプリの実行設定の変更手順1

3.実行時の設定を管理する画面「Run/Debug Configurations」が表示されるので、一応、左側の項目で「app」が選択されているのを確認します。右側の「Launch Options」項目の「Launch」が「Default Activity」になっているので、それをクリックします。

アプリの実行設定の変更手順2

4.「Default Activity」クリックすると下にメニューが表示されるので、その中から「Nothing」を選択します。

アプリの実行設定の変更手順3

5.「Launch」を「Nothing」に変更したら「OK」をクリックして「Run/Debug Configurations」画面を閉じます。

アプリの実行設定の変更手順5

6.再度、Android Studio の実行ボタンの左にある「app」を確認すると赤色の「×」マークが消えています。これで実行(インストール)が可能になります。

アプリの実行設定の変更手順5

END